インプラント治療を行おう〜健康な歯でアハハの歯〜

歯列矯正の注意点

歯科医と子ども

歯列矯正をしているときは治療の進行具合や矯正装置の調整のため、定期的に歯科クリニックに通院する必要があります。通院するペースや回数は歯列矯正のしかたによって異なり、一ヶ月に一回の場合もあれば、数カ月に一回の場合もあります。決められた通院日を守らないと矯正期間がむだに長引いたり、矯正の結果にも悪影響を及ぼすことがあるので必ず守ることが大切です。 また、歯列矯正をしていると矯正装置が邪魔になり、ブラッシングがしにくくなります。そうすると歯間や矯正装置の間に食べかすが溜まって虫歯になりやすくなりがちです。歯列矯正をしている時に虫歯になってしまうと、矯正を一時中断しなければならなくなるので、虫歯にならないように丁寧に歯磨きをすることも重要です。

歯列矯正は矯正装置を歯に装着して不正咬合を修正する歯科治療の一種です。歯列矯正は保険適用外の治療です。治療費は歯列矯正の方法により、30万〜120万円くらいまで幅広くあります。 最近は見えない矯正のマウスピース矯正や、舌側矯正(裏側矯正)などが大人の歯科矯正として人気があります。マウスピース矯正はワイヤーもブランケットも使用しないで、医療用のマウスピース型の装置(アイライナー)を歯に装着して行う歯列矯正です。マウスピースは透明で非常に薄いので、他人と話していてもほとんど気づかれず、しかも自在に取り外しができます。舌側矯正は歯の裏側にワイヤーとブランケットを装着する歯列矯正で、ほとんど周囲の人に気づかれないで矯正できます。

このページのトップへ